椎間板の変性が早いのは

椎間板の変性が早いのは

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の変性が原因で発症する腰痛症です。

椎間板の変性がそれほど進んでいない場合でも、非常に強い力が腰椎に加わることで、椎間板のなかにある髄核が飛び出してヘルニアになることがあります。

しかし、殆どの椎間板ヘルニアは、実際に腰痛や下肢痛・痺れを発症するまで、椎間板の変性は徐々に進行しており、それなりの時間が経過してからの発症となります。

人間の脊椎間には24個の椎間板がありますがこの全てが同じように変性していくわけではありません。

24個の椎間板の中で、最も変性が進むのが頚椎と腰椎にある椎間板です。
それ以外の椎間板は、変性はするもののヘルニアを発症することはまずありません。

椎間板は弾力性のある結合組織ですが、加齢によって水分が減少し弾力性が失われていき静かな変性が始まります。

このような椎間板の変性が始まるのは意外に早く、20歳を過ぎた頃から始まっているといわれています。

これは、四六時中、頸椎は頭を支え、腰椎は上半身の体重を支えていることから、椎間板にかかる負荷がとても大きいためです。

いくら腰への負担をかけないようにしていても、立っているだけでも負荷はかかりますので、加齢による椎間板の変性は防ぐことはできず、誰にも容赦なくやってくるのです。

しかし、すべての人に椎間板ヘルニアが発症するわけではなく、やはり日常生活において仕事やスポーツなどで腰への負荷が引き金となる事は多いようです。

腰椎のうち、下位の第4腰椎(L4)、第5腰椎(L5)は背骨のなかで最もよく動く場所であり、また下位の部位であるためより多くの負荷がかかる場所でもあり、ヘルニアの好発部位となります。

第4腰椎(L4)、第5腰椎(L5)は、腰から上体を前に屈めるだけでかなりの圧力が掛かります。
例えば、毎日の台所仕事では、流し台の高さによっては微妙な角度で長時間の前屈が強いられます。また、顔を洗う作業も腰をかがめるので腰椎には負荷がかかり、腰椎椎間板ヘルニアの原因となりえます。

椎間板の変性は避けることはできません。
しかし、椎間板を健康に保つこと、椎間板にかかる負荷をなるべく軽減する事で、変性の進行を遅らせる事は可能です。

健康に保つには、栄養分の補給は欠かせません。
椎間板の軟骨成分であるコラーゲンなどを積極的に摂取するようにしましょう。

また、椎間板は20代を過ぎると血管による栄養補給が断たれ、30代では完全に無血管になってしまいます

無血管状態では、リンパの拡散によって椎間板に栄養を運んでいます。
このリンパの流れは背骨を動かすことによって起こっており、老化を防ぐためには運動が重要であることがわかります。

また、喫煙によるニコチンは椎間板周辺の毛細血管を収縮させ、椎間板の栄養補給に悪影響を及ぼします。

腰部周辺の筋肉を鍛えて、腰椎にかかる負担を極力減らす事で、椎間板の変性を遅らせることも可能です。