椎間板ヘルニアの保存療法

椎間板ヘルニアの保存療法

椎間板ヘルニアの治療は、脊柱管狭窄症や腰椎すべり症などと同じく、酷い歩行障害や排尿障害などの日常生活に支障をきたすような症状が無い限り、保存療法で進められます。

まずは、整形外科でのきちんとした判断が必要です。
行きつけの整骨院などがある場合でも、腰痛の原因が何であるかの判断は整形外科でレントゲン、またはMRIによる正確な診察を受けなければなりません。

【保存療法】

椎間板ヘルニアは自然治癒することが多い疾患なので、上記のように酷い症状が無い限り、即手術となることはありません。

まずは痛みを取り除くことから治療は始まります。
ぎっくり腰などのように急な腰痛に見舞われた場合は、まず患部をアイスパックや冷湿布などで冷やすというのが鉄則です。

椎間板ヘルニアの場合も、急に激痛に襲われることが多く、患部を冷やして炎症を抑えます。

同時に、消炎鎮痛剤、しびれが強い場合はビタミンB12製剤、また血流を良くするためにプロスタグランジン製剤などの薬物療法が投与されます。

椎間板ヘルニアで急に激しい痛みに襲われても、安静にして痛み止めをのんでいれば、早ければ2,3日で、長くても5日ほどで当初の激痛がおさまり、歩けるようにもなるはずです。
そのような時期になると、温熱療法が開始されることがあります。

痛みがおさまり普通に歩けるようになったら、急激な痛みで緊張が続いた筋肉をゆっくりとほぐしていきます。
簡単なストレッチから始めますが、かならず有資格者・専門職の方に指導を受けて行うようにしてください。

椎間板ヘルニアでしびれなどがある場合は、お尻や腿の裏側の筋肉が緊張していることが多いので、ストレッチでほぐすだけでも痛みが軽減されます。

筋肉は一度ほぐれてもすぐにまた緊張しますので、ストレッチは毎日継続的に行なうように心がけましょう。

ストレッチとともに大事なのが、筋肉の強化です。
腰痛改善の為の筋肉強化はインナーマッスルの強化が主で、ハードな運動は必要ありません。

筋肉強化のエクササイズは、整形外科のリハビリ部門でも指導してくれますが、自分でも日ごろの生活のなかで強化することが可能です。

いちばん簡単で間違いのないエクササイズは歩くことです。
スポーツをしている以外の方で椎間板ヘルニアになったという方は、運動不足が要因となっていることが多いのです。
痛みがある時以外は、心がけて歩くようにすると腰痛予防の筋力強化ができます。

他にも、あまりに痛みがひどい場合は、患部に麻酔薬を注射する神経ブロック療法や、腰に小さな穴を開けて、椎間板にレーザー照射を行い、神経を圧迫している椎間板を小さくするPLDD療法というものもあります。

前述のようにそれでも、椎間板ヘルニアは自然治癒しますので、スポーツ競技に真剣に取り組んでいる方で、手術によってより早く完治を目指したいという方以外は手術はしないのが一般的です。

なお整形外科で、一連の保存療法にあまり効果が見いだせないという方は、他の民間療法(整体・カイロプラクティクなど)での治療を試してみる事、一つの方法かもしれません。