腰椎椎間板ヘルニアの特徴

腰椎椎間板ヘルニアの特徴

ヘルニアとは、臓器の一部が本来あるあべきき腔から逸脱した状態のことをいいます。
つまり腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎骨間にある椎間板から中心部の髄核が飛び出してしまうことです。
また、髄核は飛び出さないで、椎間板自体が膨らんではみ出してしまう事もあります。

とび出した椎間板や髄核が、突出部位周辺の神経を圧迫して炎症が起きると、腰痛だけでなく下肢の痺れ・疼痛・筋肉低下など、いわゆる坐骨神経痛を伴う症状が現れます。
せきやくしゃみをしただけで激痛が走るのもヘルニアの特徴です。

腰痛といえば高齢者に多いと思うのが一般的ですが、腰椎椎間板ヘルニアは20歳代~40歳代の働き盛りに多いのが特徴です。

椎間板は老化が早く20歳をすぎ頃から始まり、年齢とともに弾力性が失われていきます。それに加えて、不自然な姿勢や腰に圧力のかかる動作などを繰り返す事が原因であると云われています。
近年では若年層の腰椎椎間板ヘルニアは遺伝的要因があるともいわれています。

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の髄核が脱出する「脱出型」と椎間板自体が膨隆する「膨隆型」に大別されます。

脱出型ヘルニアは繊維輪に生じた亀裂から髄核が飛び出すヘルニアで、激痛を伴い坐骨神経痛の症状は非常に激しいのですが、数ヶ月で症状が軽くなります。
前屈姿勢になったり、イスに腰掛けると痛みが増し、横になると症状が少し軽快するのもヘルニアで見られる症状です。

膨隆型ヘルニアは、繊維輪に亀裂はなく髄核は繊維輪から脱出しないで椎間板そのものが膨れ出るヘルニアで、症状は激しくないものの長引くケースが多いのが特徴です。

以前はある程度以上に突出した椎間板ヘルニアは手術治療が基本でしたが、脱出型の腰椎椎間板ヘルニアは脱出したヘルニアが自然に小さくなったり消失することがあるとわかってきました。

脱出型ヘルニアの場合は、飛び出した髄核の周囲に激しい炎症がおこると、白血球に存在するマクロファージ(貧食細胞)の働きが活発になります。
マクロファージ(貧食細胞)がヘルニアを異物とみなして食べて吸収する事でヘルニアの縮小・消失という現象が起こり、症状が軽快します。

しかし、膨隆型ヘルニアの場合は髄核が飛び出していない為、マクロファージが異物とみなす物がありませんので、マクロファージ効果による症状の軽快は期待できず、回復に時間がかかるのです。

治療の基本は保存治療ですが、保存治療で効果がなく、排泄障害や歩行困難など重度の神経症状の場合には手術が行われます。

日常生活の中で腰に負担のかからないように、腹筋・背筋を強化し正しい姿勢を心がけることが予防や再発防止にとても重要になります。