椎間板ヘルニアの手術タイミング

椎間板ヘルニアの手術タイミング

腰痛や坐骨神経痛の大きな原因となる疾患に腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などがあります。

これらの疾患も早期発見・早期治療で手術の必要はなく保存療法にて痛みの軽減が図れます。
これらの疾患で、日常の生活が困難になるような神経症状が現れた場合には、症状の解消の最終手段として手術が検討されることになりますが、手術を行っても完全に腰や下肢の痛み、痺れなどの症状が消えてしまうとは限らないのです。

これは、疾患の特質性が要因でもあり、また手術のタイミングも重要になり、タイミングを誤って手術を行なっても十分な効果が得られないという事になります。
また、手術のリスクを抑えるためにも適切なタイミングはとても重要になります。

患者が手術を嫌がって我慢し続けていたものの、痛みに耐えきれず止むを得ず手術するケースや、なかなか症状が緩和しないと患者自身が自己判断で治療を途中で止めてしまうことなどがタイミングを逸してしまう要因と考えられます。

手術が遅れると良い効果が得られない理由は、神経を圧迫している期間が長くなると、手術によって神経の圧迫の原因を取り除いても、神経は既に傷んでしまっていて機能が完全に回復しないからです。

例えば、弾力のあるゴムも常に大きな力で長期間引っ張られ続ける、または圧迫され続けていると弾力を失い、その原因を取り除いても元の弾力性を回復することは不可能であると同様に、神経にも同じことが起こるからです。

手術は神経への傷害が広く大きくならないうちに行う必要があるのです。

椎間板ヘルニアは、椎間板内の髄核の脱出の仕方によっては、自然に治癒することが多い疾患で、通常は保存療法で対処されます。
しかし、薬物治療、運動療法、理学療法、ブロック注射などの保存療法を長期間続けても症状が改善しないで、痛みなどの症状が段々ひどくなっていく場合は、医師は手術を打診します。

医師は手術の手法、重要性、メリット、デメリットなどを説明しますので、患者も気になることは徹底的に質問し、納得いくようであればタイミングを逃さないことが大切です。