椎間板ヘルニアは手術しないで治そう

椎間板ヘルニアは手術しないで治そう

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は、腰から殿部、下肢にかけての痛みですが、初期で軽症の場合には、下肢の痺れやだるさ程度です。

重症になると、「痛くない方へ腰が曲って、真直ぐに伸びない」「寝る時は体を横に向けて海老のようにしないと眠れない」「着席時、歩行時に痛みが強くなる」「咳やくしゃみをすると、腰や足へ響く」などの症状が現れます。

診断は、レントゲン写真では腰の側弯、椎骨(背骨)間の隙間が狭くなるなど腰椎の形、並び方が確認できますが、ヘルニア(飛び出した髄核)は確認できませんので、MRIで後ろに突出した椎間板の大きさや圧迫の程度などを確認することになります。

椎間板ヘルニアの治療は、保存療法(外科手術以外の治療法)が主となります。
時間はかかりますが、約半年間の保存療法によって約90%以上の患者さんに、症状の改善や、ヘルニアの縮小、消失がみられます。

椎間板ヘルニアは、20世紀後半の一時期には、約9割以上の患者が手術を受けていた状況がありますが、手術効果を冷静に判断した場合、手術を受けたにもかかわらず、症状の改善が思わしくない例が多いことが分かり、結果、手術はかなり減少し、今では1割以下となっています。

現在、腰椎椎間板ヘルニアの治療は、最初に必ず保存療法を試み、改善があまりみられず、症状が進行していると判断された場合、外科手術を選択の一つとすることになっています。

腰椎椎間板ヘルニアの治療は、先ずは安静です。
急性期の痛みが激しい時には鎮痛剤の服用や、湿布薬を貼って患部を冷やし炎症を抑えます。

牽引などもありますが、かえって症状が悪化する場合もありますので注意が必要です。
痛みが軽快しない場合には、神経ブロック注射を行う事があります。
また、患者さんによっては、鍼灸などの補完代替療法で治療をする事もあります。

症状が強い場合には、保存療法を行っても簡単には改善しませんが、僅かながらですが徐々に改善していきますので、良くなると信じて辛抱強く治療を行う事が必要です。
医師にすべてを委ねるのではなく、患者も自分で治すという意識が必要です。 

痛みが軽減してきたところで、治療と共にストレッチや体操など、簡単な運動を行なっていきますが、これは症状の改善のためには必要なことなので継続して行うようにしましょう。

徐々に症状がなくなりますが、ここで終わったわけではありません。
再発の予防の為にも自己管理が重要となります。
治療時に行なっていたストレッチや簡単な体操は、毎日少しでも行うようにしましょう。継続は力なりです。
水泳、ヨガ、ストレッチなど自分に合った運動を無理のないように楽しむことです。
疲労や痛みなど不快感を感じたら、運動は中止して早めに医師に相談して下さい。

手術をするのは

1、膀胱直腸障害(尿、大便の失禁)がある
2、下肢の麻痺が激しく筋力が著しく低下した
3、患者の希望・・・仕事の関係上、早期に痛みを取り去りたい、保存療法の為の長期間通院ができない

などの状況の場合に限られます。